キャッシングをするなら総量規制の情報を熟知する | キャッシング申込ナビ2016!お金を借りる方法入門。

alt_02

キャッシングをするなら総量規制の情報を熟知する

キャッシングをするときには、専門用語やキャンペーン内容や企業による違いがあります。それらの情報を適切に集めて活用することができれば、スムーズな資金調達をすることができます。そのためには、企業を選ぶときのポイントや総量規制やレビューや体験談の活用方法を知っておきましょう。

総量規制の対象について

借入をしすぎて、困る人を防ぐために作られたシステムが総量規制と呼ばれるものです。このシステムを導入することによって、借りすぎることを防ぐことを目的としています。総量規制の対象になるのは、年収の3分の1以上借り入れをしようとしている人です。これは、単一の借り入れではなく、複数の会社から借入をしている人は合計金額が年収の3分の1以上にならないようにしなければいけません。総量規制に関しては例外的なケースや除外されているものがあるので、詳しい情報を知っておくといいでしょう。銀行から借入をする場合には総量規制の対象外となるので、覚えておくといいです。

キャッシングをするときに注意するべき点

借入をするときには、借入金額の合計を把握しておくことが大切です。複数の会社から借入をしようと考えている場合には、借入金額によっては、審査に通過しないことがあるからです。年収の3分の1を超えないように上手に調整しないと、審査に通過しないケースが発生するので、新規申し込みをする前には年収や借入金額の合計に関するデータを整理しておかなければいけません。また、総量規制にひっかからなくても借入件数が多すぎる場合にも審査に通過しないことがあるので注意が必要です。

レビューや体験談を活用する

キャッシングをするときに不安になることは、審査の時間や審査に通過するかどうかです。消費者金融の公式ホームページにははっきりと記載されていることは少なく、企業によって審査の時間も基準も不明確です。しかし、レビューや体験談の情報をあつめることで、だいたいの時間や基準を割り出すことができます。たくさんの情報を集めて、データを分析することで時間と基準を割り出してみるといいです。審査に通過しないケースも知っておけば、新規申し込みのときに役立つでしょう。

まとめ

キャッシングをするときには、知識がなくてもできますが、知識をもっていたほうがいい場面もあるので、お金に関する知識を積極的に取り入れていくといいでしょう。専門用語が解説されているサイトもあるので参考にしてみるといいです。

TOP