キャッシングは銀行で借りるのがお得な理由 | キャッシング申込ナビ2016!お金を借りる方法入門。

alt_02

キャッシングは銀行で借りるのがお得な理由

銀行のキャッシングは金利が低く、利息を抑えることができます。
審査が難しいと言われていますが、実際にはノンバンクと大差がありません。
これはノンバンク全般の審査が厳格になったことが理由です。
ノンバンクでは対応できない高額融資を受けたい方にも銀行はおすすめです。

銀行キャッシングは金利の低さが魅力

キャッシングの提供先として特に低金利なのは銀行なのです。
最近は様々な金融機関のキャッシングCMを見るでしょうが、消費者金融と比べて銀行は低金利になっているでしょう。
実質年率で2%以上は低金利になっており、これは意外と大きな差なのです。
初めて借りるときは数万円という方が多く、この時点では小さな差だと思うかもしれません。
しかし借入総額が10倍になると、利息も10倍になるのです。
借入が5万円と50万円では、借入残高に対して発生する利息がまったく違ってきます。
自分は高額の借入をしないと考えていても、将来のことは誰にもわかりません。
だからこそ低金利のキャッシングを探して契約するべきなのです。

審査の難易度は消費者金融と大差なし

銀行キャッシングのシェアは全体の1割程度と少ないですが、これは審査が難しいと思われていることが理由でしょう。
確かに昔はノンバンクと比較して歴然の差がありましたが、今はほとんど差がなくなっています。
消費者金融や信販会社に申し込んでダメだったけど、メガバンクからは借りられたという方も普通にいます。
総量規制、グレーゾーン廃止などの影響によって、ノンバンク全般の審査の難易度が上がったわけです。
それにより相対的に両者の審査の難易度の差が小さくなったと考えていいでしょう。

高額融資を希望する方にも銀行が最適

銀行キャッシングを利用するメリットには、高額を借りやすいこともあります。
ノンバンクに適用となる総量規制による縛りがなく、年収の3分の1超を借入したい場合に便利です。
キャッシングのシェアの9割は依然としてノンバンクが占めていますが、借入上限は他社も含めて年収の3分の1以内となります。
昔は総量規制による縛りがないため高額を借りることもできましたが、現在は100万円を超えて借りるのが難しくなっています。

まとめ

利息を抑えたい方には低金利の銀行キャッシングをおすすめします。
昔は審査のハードルが高いと言われていた銀行ですが、今は消費者金融などのノンバンクと大きな差はありません。
総量規制による制限がないため、ノンバンクより高額を借りやすいメリットもあります。

TOP