キャッシングは事前に利息計算をしておく | キャッシング申込ナビ2016!お金を借りる方法入門。

alt_02

キャッシングは事前に利息計算をしておく

キャッシングをうまく使うには、借りる前に利息計算をしておくことが重要です。
利息とは手数料の一種ですから、借り手は少しでも減らす工夫をする必要があります。
キャッシングの公式サイトでシミュレーションが行えるので、ここで大まかな利息を把握しておきましょう。
適用金利に関しては審査終了までわからないため、最高金利を元にして利息計算をするとよいです。

利息は返済プランにより変わってくる

一括返済をすれば最小限の利息に抑えられますが、逆に長期リボ払いにすると利息は大きくなります。
多くの金融機関はリボ返済を勧めてきますが、利用者にとって一番お得なのは一括返済なのです。
返済回数を少なくするほど利息を抑えられるため、無理なく節約をして毎月の返済額を増やしていくことも大切でしょう。
返済期間は最長3ヶ月などと決め事を作っておけば、計画的に利用することができます。

利息計算のシミュレーションのやり方

金融機関の公式サイトでは、シミュレーションコーナーが用意されていることが多いです。
ここで毎月の返済額はいくらに設定するか、いつまでに完済したいか、などを決めていきます。
注意したいのは毎月の負担を軽減するほど、比例するように利息は大きくなることです。
毎月の返済額が少なすぎると借入期間が長くなるので、少ないと感じたら増やしていく工夫も必要でしょう。
繰り上げ返済も随時行っていき、予定より早く完済したいものです。

利息計算をする上で大切な金利について

キャッシングの利息計算をするには、金利を把握する必要があります。
ただ詳細金利に関しては、借りる前の段階ではわかりません。
自分で希望した金利がそのまま適用になることはないのです。
そこで最高金利を基準にして、利息計算することをおすすめします。
実質年率4.5%~18.0%なら、18.0%で計算してみるといいでしょう。
初めて借りる場合は、低金利が適用される可能性は低いです。
最高金利での融資になることが多いので、ここを基準に計算すれば安心でしょう。

まとめ

キャッシングを利用するなら、利息は1円でも抑えたいものです。

どのような返済プランで返済していくのか決めた上で、利息の支払い総額をシミュレーションしていきましょう。
早く返すほど利息はお得なので、毎月の返済額は必要以上に少なくしないことです。
利息計算における金利設定は、最高金利で計算するのが無難です。

TOP