キャッシングは一括返済するとお得になる | キャッシング申込ナビ2016!お金を借りる方法入門。

alt_02

キャッシングは一括返済するとお得になる

キャッシングをお得に利用するためには、常に一括返済を心がけましょう。
1日ごとに利息が加算されると意識して借りれば、必然的に短期返済を心がけるはずです。
長期の借入をすることも可能ですが、お得に借りるなら翌月中に一括返済するプランを立てて借りましょう。

一括返済できる範囲で借りること

キャッシングは一括返済できる範囲を想定して借入額を決めると失敗しません。
失敗する方の共通点は、借入額が増えすぎて返済期間が長期化することです。
もともとキャッシングは短期返済用のローンですが、1社から100万円以上借りている方も少なくありません。
ローンの中でも金利は高めに設定されているので、常に短期返済を意識して借りるべきなのです。
5万円なら一括返済できるという方は、5万円の範囲内で借りるようにします。
2ヶ月間の借入をしてしまうと、60日間の利息が発生することになります。
15日間で返済すれば、15日分の利息でよいのです。

10万円の限度額なら安心

キャッシングはたくさん借りられるほど便利と考える方が多いですが、基本は少し借りてすぐに返すことです。
そのため10万円という限度額が重宝するわけです。
10万円は少なすぎると感じるかもしれませんが、お小遣いが足りなくて数十万円も必要になることはまずありません。
車の購入、子供の教育資金など、高額の費用が必要なら目的ローンを利用するでしょう。
以前のキャッシングはサラ金と呼ばれており、サラリーマンのお財布として活用されていたローンでした。
現在においてもその機能は変わらず、利用者の契約枠を見ると10万円以内が多くなっています。

一括返済は約定返済日より早く行える

キャッシングは約定返済日ギリギリに返済する必要はなく、予定よりも早く完済して利息を抑えられます。
例えば、翌月の25日が返済期日だとしたら、翌月の5日に返済してもいいのです。
借入した翌日に返済する方もおり、この場合の利息は1日分だけです。
早期完済をすることは、総支払い利息を抑えることにつながります。

まとめ

キャッシングは長期借入用のローンではありません。
金利が高めに設定されているため、基本は一括返済を心がけるべきです。
利息は日割計算となっているため、3日間しか借りなければ利息は3日分だけです。
キャッシングで失敗しないためには、借りすぎだけは避けましょう。
もともと小口ローンとして誕生した経緯があり、現在でも10万円以内の限度枠が主流となっています。

TOP