キャッシングの無利息ローンの定義とは | キャッシング申込ナビ2016!お金を借りる方法入門。

alt_02

キャッシングの無利息ローンの定義とは

様々なキャッシングを比較していると、無利息ローンを見かけることがあるでしょう。
これは期間限定で無利息が適用されるローンのことで、初回限定のサービスとなっています。
無利息期間を利用して、ローンの使い勝手を把握していきましょう。

無利息ローンはすべて有効期限がある

キャッシングによくある無利息ローンは、必ず有効期限が設定されています。
金融機関の利益源となるのは利息しかありませんから、永久に利息ゼロで融資してくれることはありません。
無利息期間は30日間が一般的ですが、7日間、180日間などもあります。
期間内の返済なら利息は1円も発生せず、繰り返し利用した場合も同様です。
30日間の無利息が設定されている場合、35日間借りると5日分の利息を支払います。

集客に活用される30日間無利息

30日間の無利息ローンは、集客やキャンペーン目的で提供されています。
金融機関側が積極的に顧客を集めたいと考えているため、審査に通過しやすいキャッシングとも言えるでしょう。
キャッシングの審査は際限なく受けられるわけではなく、審査回数が増えるほど通過しにくくなります。
それゆえ初回申し込みに本命ローンを持ってくるべきなのです。
無利息期間を設定しているローンは、非正規の方も借りやすいのが特徴です。
パート、アルバイト、派遣社員といった方への融資をアピールしているローンも借りやすい傾向があります。

無利息と低金利はどちらがお得か?

無利息ローンの利用においてよく考えたいのは、金利は低くなっているかどうかです。
キャッシングは低金利であるほど、将来的に支払う利息を抑えることができます。
無利息ローンによって金利が異なりますから、よく比較をして0.1%でも低金利で借りましょう。
僅かな金利は気にならないという方もいるでしょうが、それは借入が少ない状態だからです。
借入額が大きくなると、比例するように利息も増えていくのです。
そのため無利息期間がなくとも、金利がかなり低く抑えられているキャッシングならば、こちらのほうがお得になるケースも多々あります。

まとめ

無利息ローンの魅力は、無利息期間内は利息が発生しないことです。
集客・キャンペーンなどを目的として無利息が設定されることが多いので、無利息なしのキャッシングよりも借りやすいと言えます。
無利息ローンを活用するときは、金利をよく比較して少しでも低金利で借りましょう。
目先の無利息にこだわるよりも、将来的な利息の総額を計算してお得に借りましょう。

TOP