キャッシングの利息は少しでも抑えよう | キャッシング申込ナビ2016!お金を借りる方法入門。

alt_02

キャッシングの利息は少しでも抑えよう

キャッシングをお得に利用するには、総支払い額にこだわることです。
完済までに元金と比べて、どのくらい多く支払うのか知っておきましょう。
総支払い額が多いと感じる場合は、返済方法を見直していく必要があります。

キャッシングの最大の手数料は利息

キャッシングの手数料には、ATMの利用手数料、銀行振込による返済手数料などがあります。
またカードを紛失した場合は、再発行手数料として1、000円程度がかかることがあります。
しかし、さらに大きな手数料とも言えるのが利息であり、これをいかに抑えていくかが上手に借りるコツとなるのです。
金利は実質年率が導入されており、借入残高に対して利息が発生する仕組みになっています。
日数単位で発生するので、例えば実質年率18.0%の場合の日利は0.049%程度となるわけです。
クレジットカードの場合だと2回払いまでは手数料は発生しませんが、キャッシングは1日でも借りると発生します。
それゆえ早期完済するプランを立てて借りることが大切なのです。

利息を抑えるには早期完済を

キャッシングには女性専用ローンも多く見られますが、これは女性の利用者を増やすことが目的で用意されています。
金融機関にとってコツコツと返済してくれる女性客は非常に嬉しい存在なのです。
遅延も少ない傾向があり、この理由として計画的な利用があります。
収支のバランスを診断し、返済できる金額をイメージしてから借りるので失敗が少ないのです。
無理なく返済できる借入をすることは、早期完済にもつながります。
金融機関の本音としては長期返済プランを立てて欲しいと考えていますが、借り手にとっては短期返済をしたほうが絶対にお得です。

利息を決める要素は様々

利息は金利で決定すると思われていますが、借入残高・日数も大きく関係してきます。
高額を長期にわたって借りれば、それだけ利息も膨らんでしまうのです。
低金利の銀行や信用金庫キャッシングで、最低限の借入をして早期完済するのが利息を抑えるコツです。
実質年率の部分は業者が決定しますが、借入額・返済期間に関しては借り手が決められます。

キャッシングにおける手数料で一番大きなものが利息なのです。

これを抑えるためには、何よりも無理な借入をしないことが大切となります。
低金利キャッシングを利用し、事前に借入診断をして最小限の借入に抑えておきましょう。
無理な借入をしないことで、短期返済も可能にしてくれます。
キャッシングは日数で利息が発生することを常に意識して借りましょう。

TOP