キャッシングの借り換えで負担を軽減しよう | キャッシング申込ナビ2016!お金を借りる方法入門。

alt_02

キャッシングの借り換えで負担を軽減しよう

キャッシングの返済の負担を軽減するために、最初に考えたいのが借り換えという選択肢です。
債務整理をすると個人信用情報に載ってしまいますが、借り換えはまったくリスクがありません。
低金利のローンでまとめることで、利息を減らして借入先を一本化することができます。

今より低金利ローンを見つけたら借り換えを

現在契約しているキャッシングより低金利ローンを見つけたら、借り換えをして月々の負担を軽減しましょう。
例えば実質年率18.0%から15.0%のキャッシングに乗り換えすれば、3.0%も金利を引き下げることができます。
利息とは手数料ですから、なるべく少なく抑えていくべきなのです。
借入額を最小限にする、短期返済をするなどの対策も利息を減らすために効果的ですが、今より低金利ローンが見つかったら乗り換えていくことも重要です。

高額を借りている方ほど借り換えのメリット大

10万円以下の借入ならば、1%の金利にはそれほどこだわる必要はありません。
しかし借入額が50万円や100万円以上といった高額ならば、たった1%がかなりの利息になるのです。
低金利ローンに乗り換えすれば、毎月の負担減を即実感できます。
さらには総支払い利息も抑えることができるので、利息の支払いが高額で困っている方は乗り換えを考えてみましょう。
一般的に50万円以上の借入があるなら、たった1%の金利にもこだわるべきです。
最近はキャッシングの金利競争が激しくなっており、毎年のように低金利ローンが登場しています。
古くから契約しているキャッシングはすでに高金利になっている可能性が高いので、定期的に乗り換えを検討するべきです。

総量規制対象外のキャッシングを狙う

借り換えに適しているのは総量規制対象外のキャッシングであり、主に銀行や信用金庫のローンになります。
消費者金融の場合ですと、借り換えにおいて総量規制という制限がかかります。
消費者金融はノンバンクに属しており、借入できる総額は年収の3分の1以内に制限されるのです。
そのためキャッシングやカードローンを借り換えに使用する場合は、すでに総量規制の満額まで借りていて追加融資を受けられない可能性があります。

まとめ

キャッシングの支払いで利息が負担になっているなら、低金利のローンに乗り換えることを考えましょう。
50万円以上の借入をしている方は、1%金利が低くなるだけでも借り換えするメリットがあります。
銀行や信用金庫のローンは、総量規制の対象外なので借り換えキャッシングとして便利です。

TOP