キャッシング申込ナビ2016!お金を借りる方法入門。

alt_02

キャッシングとカードローンの違いを調べてみました。

急にお金が必要なったら専門家に借りましょう。

信頼関係が崩れる要因の一つに金銭トラブルがあります。友人関係を壊したくないないなら専門家を頼りましょう。

キャッシングとカードローンは何が違うのでしょう

キャッシングとカードローンの大きな違いは返済方法です。 一括返済か分割返済かの違いがあります。

キャッシングとカードローンの利用方法を知ってますか

キャッシングもカードローンもその借り方、返し方は同じでATMを利用できることをご存じでしょうか。

alt_03

「困った、急に現金が必要」なんて困ったこと、結構皆さんも経験されているのではないでしょうか。現金を持ち合わせていないことや、急なので口座にも現金がないとなった時に頼りになるのが消費者金融や銀行などからお金を借りられるキャッシングやカードローンです。 お金を借りることに抵抗がある人もいるとは思いますが、友人や知人とのお金の貸し借りはトラブルの元になったりもしますので、専門の業者から借りる方が賢い方法ではないでしょうか。 もちろんお金を借りるわけですからきちんと返済しなければならないわけですが、キャッシングとカードローンは返済方法が異なることをご存じでしょうか。

一般的にはキャッシングは一括返済でカードローンは分割返済になります。ここではまず、私が調べたキャッシングとカードローンの違いについてご紹介します。まず、キャッシングとは、クレジットカードやキャッシングカードを利用しATMから現金を借り入れることができるサービスのことです。先ほども言いましたがこれは、お金を口座から引き出しているわけではなく、消費者金融などから借りている状態です。そのため返済がありますがそれが翌月に一括で返済する形になります。一括は大きな金額ですが、申込み後の融資から1か月以内の返済ならばアコムなどのように金利が0円になることもあります。
また、最近は各社色々な返済方法を打ち出しています。例えばリボ払いと言って定額の金額を毎月返していくという形を取れる物もあります。ここで、カードローンについてですがカードローンは利用方法はキャッシングとほぼ同じです。返済方法が分割になるため毎月回数に応じた額を返済することになるため返済までに時間がかかります。このカードローンにはキャッシング機能を持ったカードもありますがこれは別途申込みが必要になります。キャッシング会社は申込み日に融資開始をしてくれる所が多いですが、カード会社は申込みから1か月程かかることもあるのであらかじめ申込みをしておくといざという時に安心です。

キャッシングを申込むまでにすることがあります。

安心できるキャッシング会社を選びましょう。

数あるキャッシング会社の中から自分に合った、 安心できる会社を選択しましょう。

サービスの内容は多岐に渡ります。

キャッシング会社によってそのサービスは色々なものがあります。

実際に申込むにはどうしたら良いのでしょう。

実際にキャッシングの申込みをする際の方法や、用意しておくべき物は何でしょう。

実際にキャッシング会社を選んで、申込みまでしてみましょう。

初めてキャッシング会社を利用するとなると、多少の不安があるのは当たり前です。現在は、消費者金融に対しても収入に対して貸し付けて良い金額が明確に定められていますし、不法な取り立ては行ってはいけないことになっています。しかし、 お金の絡むことなので簡単に決めてはいけません。 数あるキャッシング会社の中から自分のライフプランやマネープランに合ったサービスを展開しているところを選んでいきましょう。
まず、キャッシング会社へ申込みを行う前に確認しなければならないのは自分が借入が可能な状態なのかということです。先ほども触れたようにキャッシング会社からの借り入れは制限があります。これを総量規制と言、年収の3分の1までとなっています。
また、他社での借り入れが3社以上ある場合は新たな借り入れは難しいことが多いです。過去のローンやクレジットカードでの返済滞納や強制解約があった場合、自己破産などの債務整理があった場合にも制限されることがあります。ここは、申込みをする以前の確認ですので自分が当てはまらないか確認してください。

ここまでで、特に問題が無いようでしたら実際にキャッシング会社を選んでいきましょう。まずは、ローンの利用条件を確認しましょう。利用条件とは年齢や年収、職業などにかかる条件のことです。大抵の会社は年齢が20歳以上で継続した安定収入があることが申込みの条件としています。パートやアルバイトは申込みできますが専業主婦や年金生活者などは申込みができません。年収に関してはキャッシング会社により判断は異なっており銀行系のカードは年収いくら以上と条件があることが多く、アコムなどの消費者金融では条件が無いことが多いです。では、今からは実際の各会社のサービスと自分の条件をすり合わせていく段階です。自分の条件を完結にしていくのですが、ここでは代表的な条件を挙げてみましょう。

やはり金利はかなり気になるところです、次に融資までのスピード、利便性、無利息の期間などです。金利についてですが3%~18%の間に設定されていることが多いです。金利は低い方がその分余計なお金を払わなくてもよいということになります。自分が借りたい金額を照らし合わせてシミュレーションしてみると分かりやすいでしょう。

スピード重視でいくなならばアコムやプロミスなどは店舗へ行かなくともwebなどで申込みを済ませることができ、最短で30分で審査が終わることもあります。多少金利が高めに設定されてはいますが、利便性を重視するなら必須項目です。また、注目するべきは無利息金利の期間です。アコム、アイフル、プロミスは無利息期間を30日間に定めています。これは、短期間の30日以内に全額返済するという人は本当に利用すべきサービスです。あくまでも無利息期間は期間が設定されているので期限が切れれば通常金利に戻りますのでご注意ください。だんだんと候補が絞られてきたのではないでしょうか。

ここからは、申込みの際に必要になる書類などについて見ていきましょう。だいたいの会社がホームページでの申込みに対応しています。ですからパソコンやスマートフォンが必要になってきます。しかし、アコムとプロミスは電話対応もしているのでガラケーでも大丈夫です。また、本人確認書類のために運転免許証が必要になります。ホームページからの申込みの際は本人確認書類を写メールで送信する形になります。また、借入希望金額にもよりますが給与明細書が必要になることもあります。以上、これだけ用意しておけばとりあえずの申込みはできる状態となります。どうでしょうか、自分に合いそうな会社の目処がついたと思います。

alt_04 やはり女性に支持されているアコムがおススメです。 借りる際の安心感や利用のしやすさが人気の理由のようです。

キャッシングのサービス特徴をまとめてみました

アコム

アコム
総合評価
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
掲載情報量
★★★★

アコムはスピード審査が特徴で、最短融資1時間です。女性専用ダイアルがあるのも嬉しいです。また、初めての方なら最大30日間金利も0というのもおススメポイントです。

商品詳細ページはこちら

プロミス

総合評価
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
掲載情報量
★★★★

プロミスは初回利用に限り30日間無利息なんです(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。Web完結なら来店の必要もありません。また、郵便物の受け取りもなくてカードレスでの取引きができます。対象金融期間は200行以上あります。

商品詳細ページはこちら

アイフル

アイフル
総合評価
★★★★
使いやすさ
★★★★
掲載情報量
★★★★★

アイフルはカード取得のための配達時間を選ぶことができます。誰にも知られずに受け取れるのが嬉しいところです。また女性向けの限定商品SuLaLiもあります。

商品詳細ページはこちら

レイク

レイク
総合評価
★★★★
使いやすさ
★★★★
掲載情報量
★★★★★

新生銀行のレイクは初めての借入なら5万円までの部分は180日間無利息や借入金全額30日無利息なんです。また提携ATMの手数料が無料です。

商品詳細ページはこちら

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
総合評価
★★★★★
使いやすさ
★★★★
掲載情報量
★★★★

オリックス銀行カードローンは提携ATMが全国に95,000台以上あり、その手数料が無料なんです。また、来店不要のweb完結なので手間が省けます。

商品詳細ページはこちら

私が結局、アコムをおススメするわけを教えます。

チェックボタン画像初めての人なら最大30日間の金利が0円なんです。

チェックボタン画像手間が省ける来店不要はスマホでもOKなんです。

チェックボタン画像女性に支持される理由はとは何でしょう

最近は、各キャッシング会社が多様なサービスを展開しています。自分にはどこが合っているのか、悩んでるうちに適当に決めてしまうことってありませんか。 キャッシングに関してはお金のことなので安心できて、しっかりサポートもしてくれる所がやっぱりおススメです。 各会社を比較して私がおススメするのはズバリ「アコム」です。アコムの創業は古く、また三菱フィナンシャルグループであることから大きな会社がついているので安心感があります。

では、サービス内容のおススメはどこかと言うと、業界最速といわれるスピード審査ではないしょうか。申込から融資までは最短1時間と言われています。それだけではなく、初めての申込なら最大30日間は金利が0円なのも嬉しいサービスです。また、わざわざお店まで行かなくてもスマホがあれば審査から借入、返済までできるのは時間に追われている現代人には嬉しいポイントです。何となく他社にも似たようなサービスがあるように思うかもしれません。そうです、一番のおススメはやはり女性専用ダイアルの存在です。アコムは働く女性からの支持されているのですが、その理由の一つがこの女性専用ダイアルです。専門の女性スタッフが申し込みから質問までなんでも答えてくれるものです。女性が対応してくれるため、気軽に申込できるところが嬉しいポイントです。また、カード自体もスタイリッシュなデザインとなっていて、持ち歩いても不自然感はなく、カード上限の中でショッピングとキャッシングを自由に組み立てられるのも良いところです。

アコムでキャッシング申込をして即日融資が可能に

アコムでキャッシング申込をしようと思ったのは、テレビのコマーシャルで宣伝されていて、有名な金融機関だったら大丈夫という安心感があったからです。給料日前でお金が不足している時に、親族の結婚式や、入院した同僚へのお見舞金などが重なり、やりくりがきつくなってしまいました。アコムのサイトを見たところ、50万円までの借り入れなら運転免許証だけで手続きできるということでしたので、必要な書類も最低限で済むと思い、すぐに手続きできるから昼休みでも手続きできるように思えました。

スマートフォンを使ってアコムに申し込もうとしたのですが、営業の出先の途中で電波の具合が悪く、インターネットに接続できませんでした。コールセンターに問い合わせたところ、すぐ近くに無人受付コーナーがあると案内をしてもらいました。鍵もかけられますし、外から見られにくくなっています。タッチパネルを操作して必要事項を入力し、オペレーターから備え付けの電話で仕事の内容や使いみちを詳しく聞かれました。希望額が20万円ですので、収入を証明する書類は不要で、運転免許証をスキャンしてアコム側に提出します。すべて終えるとちょっと時間が空いて、備え付けのパンフレットなどに目を通して待っていました。しばらくしてオペレーターから通知があり、審査に通ったこと、キャッシングの限度額は30万円とのこと、ローンカードをその場で発行できることを伝えられ、ホッとしたのを覚えています。申込から契約までの所要時間は、約30分から40分ほどで、隣のコーナーにあったATMから現金を引き出せました。

勤務先に戻ってみると、佐藤さんという人から電話があったと伝えられました。アコムからの在籍確認のようでしたが、用件も言わなかったし、非通知でかけられていました。同僚もキャッシングをしたとは考えずに、取引先から頼まれてクレジットカードに加入したと思っているように見受けられました。コールセンターの方はとても感じが良く、すぐに融資をしてもらえたので、アコムでキャッシングの申込をしてよかったと思います。順調に返済したところ、半年後にキャッシング限度額の増額の案内を受けました。

公式サイトはコチラ

アコムでのキャッシング経験と申込方法

アコムでのキャッシングや申込のクチコミを調べました。決めた理由は知名度やスピードのはやさで、申込方法はWEB、キャッシングをした感想は、対応も丁寧でした。他には、決めた理由は借入のしやすさや返済のしやすさで、キャッシングをした感想は、とても便利でありがたいサービスです。その他には、申込方法はメールで、コンビニで借り入れ、返済ができてすごく便利でした。他には、アコムに決めた理由は、借入のしやすさで、感想は融通がきくところです。

その他は、アコムに決めた理由は、知名度で、借り入れや返済がしやすいところがいいところです。はじめての方なら最大30日金利0円で、利用は24時間365日大丈夫です。WEB契約なら来店は不要で、審査回答最短30分、融資は最短1時間で可能です。その他のクチコミは、以前銀行のカードローンを利用した経験がありますが、こちらは断然スピーディでした。その日のうちにお金がどうしても必要で、今回本当に助けられました。借入まで2、3時間で終わり、銀行よりも柔軟なイメージでした。

その他には、大手のキャッシングに2社立て続けに落ちて、こちらにしたところ結果は通過することができました。ここのメリットの1つは、最短即日で融資が可能なところです。多くの方が本当に即日で借りられたといクチコミを投稿しています。しかし、即日で借りるためには条件があり、それを満たさないと即日での融資は厳しいです。さらに注意したいのが、在籍確認が必須なことです。せっかく時間内に申し込んでも、会社が休みで誰も電話にでない状態であれば即日の融資は難しいので、注意が必要になります。自分が休みでも誰かが電話にでて自分が休みであることを伝えれば、自分が会社に在籍している証になるため在籍確認はとることができます。自分の年収や借入状況から大まかに通るか通らないかの判定をしてもらうことができます。

TOP